グレンチェック-革製品のケア、メンズファッション情報について
革製品のケア、手入れの方法などを、海外から革バッグや旅行かばん、革財布、革小物、パナマハットなどを輸入するグレンフィールドがご紹介。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
女性の必需品☆
香港・中国には出張で何度か訪問していますが、食事の際レストランでいつも目にするものがあります。
imagesCAP3X0GW.jpg


これは、香港ガールには必需品の香港版ポケットティッシュ!

日本のティッシュと比較すると、厚手で、とても使い勝手がよいです。

これが、食卓に必ず現れます。



なんと、この香港版ポケットティッシュ、香りの種類があるらしく ジャスミンやアップルウッド、さらに季節限定の香りもあるとか。

なんか、日本のティッシュより進んでいる感じですね。特に香り付きといったところは女性うけする要素です!
090729_tempo07.jpg


パッケージも、季節ものがあったりでかわいいです。

090729_tempo07.jpg

香りや季節限定のパッケージなどはない日本のポケットティッシュをお洒落に携帯するアイテムがこちら!



オリーチェレザーティッシュケースです。
!cid_1D55E9ACFE3F4730ACDD29BD5FEE71B5@glf12.jpg

お色は6色とカラバリが豊富です。

さりげないお洒落にぜひ!




スポンサーサイト

テーマ:ブログ日記 - ジャンル:ブログ

中国KFC
中国のKFC(ケンタッキー・フライド・チキン)で成長促進剤や抗生物質を
過剰投与された鳥を使用していたとニュースで見た。
何度か現地で食べたこともあり、大手チェーンでさえも中国ならば起こり得るのかと衝撃を受けた。

中国でのKFCを調べてみたところ、その歴史は非常に興味深い。

1号店がオープンしたのは1987年。
当時はなかなかヒットしなかったらしい。
もっとも大きな理由は、中華料理は「揚げる」よりも「蒸す」方が一般的であったため。
なるほど、確かに現地レストランで食べるチキンは蒸したものが極端に多い。
!cid_E4DA0A090E184970B0E32EDE3670D7C8@hp07.jpg


実際に、10号店が出来たのは5年後の1992年と意外に遅い。
しかしながらその後は1996年に100店舗、2004年に1,000店舗、昨年に4,000店舗と
劇的に増えており、中国人の心をつかみ、フライドチキンが浸透していく過程がわかる。
それだけに今回の問題は自分が受けた衝撃よりも現地では大きかったに違いない。

個人的にはそういう鳥が存在しているという事実と
中国製品全般に対する偏見が高まることが残念でならない。

今回、バッグ工場を訪問した。
縫製から仕上げ、品質チェックや完成品の梱包まで1点1点丁寧に大切に作られているのを
目の当りにして、その良さをしっかりと伝えていかなければと強く思った。

自分たちが提供する商品から、偏見がほんの少しでも薄まればと願う。
!cid_BDA30EAE57EB40209DF80AC7AF1E5FBE@hp07.jpg

写真のオリーチェレザーのバッグは光沢溢れるイタリア産レザーの美しさ、
トリコロールをあしらったプラーや高級感あふれるメタルジッパー使用等の細かなこだわり、
そして何よりも丁寧に作られた品質が特長のコレクション。

ちょうど昨日発売されたBegin2月号でも紹介されています。

テーマ:ブログ日記 - ジャンル:ブログ

中国の生産工場はすごい!
先日、香港/ 中国出張へいってきました。
どちらも、はじめてではなかったのですが、中国本土で車移動していて外を眺めながらいつも思うことは、お店の看板の色が赤×黄色が半端なく多い!ということ。
Langkawi2012_4-3469.jpglrg_25504850.jpg

中国では、朱(赤)は吉兆と財運を意味します。(日本でもおめでたい色の象徴ですね。)
黄色は古代、最も高貴な色とされていて、黄色は皇帝しか着られない色だったそうです。
特に旧正月付近になると、各家庭や街中で赤と黄色の飾り付けするのでさらに朱と黄色にそまります。
日本人には原色×原色できつい色に見えますが、中国人は原色を好むようです。(お花とかも赤や黄色がよく売れ、白やピンクはあまりだそうです。)


さて、商品の検品を目的に中国広州地区にあるメーカーの工場へ。。。
中国の工場はかなりの若年から中高年者の方まで働いています。
工場の作業員のほとんどが、地方からの出稼ぎの人たちだと以前聞いたことがあります。
なので、旧正月になると出稼ぎに出てきている人たちが故郷に帰ってしまい、工業の中心部で人手不足になってしまうそう。中国で社会問題になっているようです。

工場では、従業員の人たちが列になり淡々と作業をこなしています。
単純作業なように見えるのですが、実は結構技術がいるのです。
中でも感心したのが、レザーのハンドカービング(手彫り)。
見ているかぎり、カンカンと簡単そうに彫っているだけに見えるのですが、これを担当するには一カ月のトレーニングが必要なのだそうです。


その賜物がこちら:
ハンドカーブチェーンウォレット/ハンドカーブチェーンロングウォレット
ハンドカーブショートウォレットハンドカーブロング2色


個人的にとても好きなデザインです。
一つ一つが人の手で彫られているのでひとつひとつがonly oneの一品です。


『白酒』
NHKテレビ中国語会話のスキットにて、
中国の駐在員が白酒の見事な飲みっぷりで現地スタッフに認められ、
より関係が深まるというワンシーンを見た。

白酒(パイチュウ)とはトウモロコシやサツマイモを原料とした中国独自のお酒で
小さなグラスに入れて、乾杯する。その際は一気に飲み干すのが慣習。
白酒


アルコール度数は40%近いものがメインで、中には50%を超えるものもあり、とにかく強い。
お祝いの場はもちろん、ビジネスでの会食でも何十杯も乾杯するようだ。

先週、中国工場に訪問した際、「白酒を飲んでみるか?」と
中国人のマネージャーに聞かれた。
アルコールは苦手で、さらにはまだお昼の時間帯。
通常ならば断わるところであるが、テレビのシーンが頭を巡り、ここはYES。

当然、習慣通り一気飲み。確かに強い、が、予想以上に飲みやすい、というよりもおいしい~!!
「おー、なかなかやるな~。」という反応を感じ、テンションも高まり、結局計4杯頂戴した。
ちなみにマネージャーは顔色変えずに、余裕で10杯以上は飲んでいた。

普段は通訳を通じて仕事の話しかしないが、たった数回乾杯しただけで、
ぐっと親近感が高まった気がする。
「一旦、杯を交わせば仲間。」これは世界共通の考えだと思う。

翌日、別の工場にてこの話をしたところ、その人は昨日40杯飲んだとのこと。
次は是非と誘われてしまったが、きっと潰されるだろうと思う。

ところで、日本には伝統的に酒袋というお酒を絞るのに用いられる袋がある。
主に帆布に防腐性と耐水性を備えた柿渋を塗って作られるのだが、
その柿渋染めを施した帆布のバッグや帽子は当社の人気コレクションのひとつ。

この夏リリースしたばかりの新作バッグ2点を紹介します。
●柿渋帆布かぶせショルダーバッグ
学生鞄を彷彿させるデザインと柿渋染めの素材感両方から懐かしさが溢れ出すバッグ。
柿渋帆布かぶせショルダーバッグ resize

●柿渋帆布横型フラップショルダーバッグ
レザーの美しいトリミングが目を引く日常使いに便利なミドルサイズのバッグ。

柿渋ショルダー
新人二人による香港出張珍道中~三日目~
今日は、この出張の一番の目的、香港ファッションウィークへ!会場までは、香港名物“スターフェリーに乗って”10分間の海の旅。朝から優雅に海風にふかれながら、
3-1.jpg

3-2.jpg

会場は、大きなエキシヴィジョンホール!
3-3.jpg


開園時刻ぴったりに着いた私たち。意気揚々と会場に向かったのですが、さすがここは中国。多くのブースがまだ閉まっていました・・・ブースは開いていても、普通に朝ごはんをほおばりながら、お客さんを迎える気配ゼロなブースもちらほら(笑)

午前中歩き回った後はやっぱりお楽しみの美味しいお昼ご飯♪
今日はデザートに、この時期スペシャルのももまんをいただきました。お祝いの時にたべるようです☆色の付け方が、芸術!食べるのがもったいないくらい、かわいい見た目です。
3-4.jpg

中身は、タップリのあんこと、卵の黄身が!一個でかなりのボリューム!
3-5.jpg



さてさて最後のしめのデザートでお腹いっぱいになった後は、しっかりお仕事!ということで、再び会場に戻り、展示会を回ります。
3フロアにわたる展示会場は、とっても大きく、一日で見終わるために駆け足でまわります。

展示会場を回りきった後までには、万歩計の歩数は2万歩以上!こんなに大きな展示会は初めてな新人2人は、もうヘトヘトです。

そんな二人を癒すのはやっぱり、美味しい香港フード!!
ということで、今夜のメニューは・・・・北京ダックです♪
バーミヤンの北京ダックをこよなく愛する新人Iは、本物の北京ダックに大感激!目には涙まで浮かべながら、ハーフの北京ダックを3人でペロリ☆

こうして、香港最後の夜をまたもや美食でしめくくった私たちなのでした☆
この出張で、ほぼ大体の香港料理を網羅した私たち☆この出張が最初で最後にならないよう、しっかり明日からお仕事がんばっていきます!

ちょっと食べすぎちゃったなーという日も安心!
伸縮性ベルトで食後のくるしさにさよなら!
3-6.jpg
スペイン製伸縮レザーメッシュベルト 税込:9,975円

copyright © 2005 グレンチェック-革製品のケア、メンズファッション情報について all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。